代表者メッセージ

心に残るセレモニーをプロデュース、
そして暮らしに安心をお届けできる“平安”を目指します。

平安グループは相互扶助の精神から生まれ日本中に広まった伝統的な生活システムである「互助会」を基盤に、1970年(昭和45年)4月、「兵庫県冠婚葬祭互助会」として発足いたしました。以来、神戸を拠点に西は明石、東は尼崎までの各地域に婚礼及び祭典式場を開設し、人生の貴重なセレモニーのお手伝いをして参りました。また、1988年(昭和63年)11月には、社名を「株式会社平安」と改め、同社を中核企業として冠婚葬祭事業を中心に関連事業を拡充し、より充実したサービスをご提供できるように努めております。
いま、生活環境は情報化社会となりインターネットなどの新しいコミュニケーション時代へと変貌を遂げ、暮らしは創業当時とは比べようもなく豊かになり趣味・嗜好や価値観も多様化してきました。こうした時代の変化を踏まえて冠婚葬祭業に対するニーズもこれまでになく多彩に、そして高い品質のサービスが要求されています。当グループはお客様の「あらゆるニーズ」にお応えすることを経営理念に、現在では冠婚葬祭の関連事業として、仏壇・仏具、贈答品販売、衣裳レンタル、流通、食品、介護関連サービスなどを展開しております。とりわけ、介護用品の販売・レンタルを含むサービスは21世紀の高齢化社会における社会的ニーズであると確信し、今後もそのサービス向上に邁進して参ります。
時代は変わっても変わらぬ人の営みと人生の節目となる“セレモニー”。
平安グループはこれからも時代の変化に機敏に対応し「ライフセレモニーのトータルプロデューサー」として皆様のお役に立てることを願い、社員一同努力して参ります。

平安グループ代表

兼松宏行